Video



Project Description
"MH-Library for XNA 4.0" is a library for XNA 4.0 includes Shader, Light, Camera, Model, Motion (Animation), ShadowMap, Collision, and some. Also includes content pipeline for fbx file exported from Blender.This Library is published as Source Codes.
Main functions are below.

-Model, Motion, and Collision Content Pipeline for FBX files from Blender.
-Attaching Model ( as equip item on hand ).
-Skinning/Skinned Animation ( max 16 bone weights ).
-Motion channel to call plural motions on single model simultaneously.
-Ambient, Directional, and Point lights.
-Phong, and Toon materials.
-3D, Toon3D, and ShadowMap3D shaders.
-2D, and Blur2D shaders.
-Input ( Mouse, Keyboard, and GamePad ) utility.
-Collision Detection.
-Sphere, Triangle, Capsule, Segment, and Grab( mainly for touching ground ) collision primitives.
-Collision Group which is exported from Blender.


「MH-Library for XNA 4.0」は、XNA4.0向けのライブラリです。シェーダー、ライト、カメラ、モデル、モーション (アニメーション)、シャドウマップ、衝突判定等の機能があります。またBlenderから出力されたFBXファイルを読み込むためのコンテントパイプラインを含んでいます。このライブラリはソースコードの形で公開されています。
主な機能は以下の通りです。

-Blenderから出力されたFBXファイルをモデル、モーション、衝突判定データとして処理するコンテントパイプライン。
-モデルアタッチ ( アイテムを手に装備させるような機能 )。
-スキニングアニメーション ( 最大16ボーンウェイト )。
-単一のモデルに同時に複数のモーションを呼ぶためのモーションチャンネル。
-環境光源、方向光源、および点光源。
-Phong、Toonマテリアル。
-3D, Toon3D, ShadowMap3D シェーダー。
-2D, Blur2D シェーダー。
-入力ユーティリティ ( マウス、キーボード、ゲームパッド )。
-衝突判定。
-球、三角形、カプセル、線分、グラブ ( 主に地形との接触に使う ) の5種類の衝突判定プリミティブ。
-Blenderから出力できる衝突判定グループ。



Note
MH-Library is published as Source Codes which contains Japanese Comments. I also have a will to work for English Comment version ... maybe.

MH-Library はソースコードの形で公開されています。ソースコードのコメントは日本語です。英語版もそのうちやるかもしれません。


News
2011/09/23 ver1.3.2 is Released.

2011/09/23 ver1.3.2 をリリースしました。

Last edited Dec 31, 2011 at 8:39 AM by nikukyu, version 21